新生活の手引き~良い賃貸物件の探しかた~

賃貸物件の下がり天井

下見をする時にはぜひ賃貸物件の天井にも注目してみましょう。

お部屋の隅の方には天井が部分的に低くなっている所があるかと思います。その部分は下がり天井と呼ばれています。この下がり天井というのは、間取り図にも書かれている事が多いので確認する事ができるでしょう。そして、賃貸物件の下見に出かけた時にも実際に見てみましょう。

背丈の高いタンスなどを設置する時には、下がり天井のために置けなくなってしまい、タンスを置く場所を考えないといけない事もあります。

最近ではロフトベッドを設置する人も多い様ですので、起きあがった時に頭をぶつけてしまう可能性も考えられますので、これは注意すべき点ですね。

所得の確定申告と賃貸不動産

賃貸不動産を所有していれば賃料収入が発生しますが、この賃料収入については確定申告をして納税する必要があります。

そのためには、収支をきちんと把握することが必要となるわけですが、普段の生活費と一緒にならないようにするために、不動産経営のために銀行口座を作っておくと便利です。

入出金がすぐに分かりますから、何よりも便利だと言えるでしょう。確定申告のためにもう一つ心がけておきたいのが領収書です。賃貸経営の経費として認められるためには、それを証明することが必要となりますから、領収書は整理して保存しておくことが必要です。

ページトップへ戻る

レンタルオフィスの契約プラン  レンタルオフィスやシェアオフィス  賃貸事務所の相談をしよう 

copyright©新生活の手引き~良い賃貸物件に出会おう~.All Rights Reserved.