新生活の手引き~良い賃貸物件の探しかた~

年齢とともに選択肢が変わる賃貸

年齢を重ねるとともに、生活スタイルは変わっていくものです。

若いころは、職場にできるだけ近くて、通勤時間も短く、便利な都心部での賃貸物件の人気があります。しかし、結婚して子供が生まれれば、将来を考えるようになります。

少し広い場所で、子供を育てやすい環境ということで、都心から少し離れ、副都心が選ばれるようになります。ここまでは賃貸物件を選択される方が多いでしょう。

しかし、家族が増えると、賃貸よりもマイホームの夢が現実的になるようです。そうなると、一戸建ての注文住宅に人気があるようです。さらに落ち着いた田舎の土地を選ばれる傾向があります。

それぞれの家族構成、生活スタイルに合わせ、住まいをご検討ください。

賃貸契約で必要な礼金

賃貸物件は、毎月決められた家賃を支払って利用していくことになるのですが、入居前の契約をするときに必要な費用として、敷金や礼金、仲介手数料があります。

敷金は、大家さんに預けておくお金でもあり、家賃を滞納することがなく、退去をする際にチェックをして部屋の中の設備、壁や柱などを壊していなければ返金されるものです。しかし、礼金は大家さんへのお礼として渡すお金でもあるので戻ってくるということはありません。

また、仲介手数料でも不動産会社に賃貸物件を紹介してもらったお礼として支払うものなので、戻ることはないものです。

ページトップへ戻る

レンタルオフィスの契約プラン  レンタルオフィスやシェアオフィス  賃貸事務所の相談をしよう 

copyright©新生活の手引き~良い賃貸物件に出会おう~.All Rights Reserved.