新生活の手引き~良い賃貸物件の探しかた~

賃貸物件を選ぶポイント

最初に、引越したい地域や駅を2つくらいにしぼります。
そして、広さや間取りなど、自分が優先したい要件を絞ります。最初はただ広い部屋がいいと思って探していても、やがて駅から近い物件や、新築物件を探していたりするので、探しながら本当に優先したい要望を見つけ、不動産の担当者に伝えましょう。

不動産屋さんは、チェーンよりも地元にある古そうなお店のほうが、物件をたくさん持っていたり、管理したりしていたりと、手数料が安くすむこともありますので、大きく看板を出しているお店よりも、ひっそりとやっているお店を訪ねるのもお勧めですよ。

気になる物件は、たくさん見せてもらいましょう。気兼ねしてはいけません、毎月家賃を払っていくのですから、慎重にえらんで世界に一つだけの素敵なお部屋を見つけてください。

たくさんの物件をみていると、だいたい相場や売れ残りの物件がわかってきます。そうすると、目が肥えてこれは!という掘り出し物件がわかるようになります。そこまでする人も少ないかと思いますが、できるだけ良い物件に住みたいと思ったら、タイミングを待ったほうがよいと思います。

女性の一人暮らしは危険が多いので、夜も駅から物件までの道のりで怖いところがないかという点もチェックしてくださいね。治安のことも不動産の担当者に聞いておきましょう。

■建物の構造について
□木造
木造は柱や梁の殆どの主要個所が木材によって構成されている建物です。木造は通気性が良く湿度を調整してくれます。また建築コストも安いため家賃が比較的安くなります。
デメリットは、遮音性がかなり低く隣の部屋の話し声やテレビの音が聞こえてしまうケースも往々にしてあります。

□鉄骨造(S)、軽量鉄骨造(LGS)
鉄骨造とは、主要箇所に鋼材を用いてたものであり、壁には軽量コンクリが使われています。鋼材の厚さが6mm以下のものは軽量鉄骨造(LGS)、6mm以上のものは鉄骨造(S)と呼ばれています。
木造に比べると耐火性や耐震性(耐震強度) は優れていますが、遮音性は木造とさほど変わりません。

□鉄筋コンクリート造(RC)
鉄筋コンクリート造とは、鉄筋とコンクリートという異なった性質を持った2つの物質の特徴を併せたものです。鉄筋は引張り力に強く、圧縮力に弱いという性質を持っています。

一方、コンクリートは圧縮力に強く、引張り力には弱いという性質をもっています。耐震性(耐震強度)、耐火性、遮音性に優れていると言われ、中高層の物件に用いられるています。
但し、重量が重く、建築コストもかかる為、賃料が高くなりやすいともいえます。

□鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)
鉄骨鉄筋コンクリート造とは、鉄骨造(S)と鉄筋コンクリート造(RC)を合わせたものです。
鉄骨の周りに鉄筋を配置し、その周りにコンクリートを打ち込みます。その為、鉄筋コンクリート造(RC)よりも断面積が小さいもので同強度を得ることができますが、建築コストは更に高くなります。

ページトップへ戻る

レンタルオフィスの契約プラン  レンタルオフィスやシェアオフィス  賃貸事務所の相談をしよう 

copyright©新生活の手引き~良い賃貸物件に出会おう~.All Rights Reserved.